紅葉の祖母山

2017/11/5(日)

宮崎県の最高峰の祖母山は、大分県と宮崎県の県境にあり、山肌が黄葉紅葉に彩られていた。
風穴経由のコースを取ったので初めは急登・岩場のあるのコースだったが、最高の山行だった。
   
北谷登山口には長崎から
5時間かけて到着した
まずは体ほぐしの準備運動
(10:20)
杉林の登山道を歩きはじめた。 (1030)
   
早速沢が出てきて
慎重に徒渉する。
ゆるやかな登山道を紅葉を楽しみながらあるいていく。
     
  しだいに黄葉の色合いが深くなり、黄金のような輝きの中を歩いて行く。
     
 結構な岩場を通って風穴に到着。(11:30) ハシゴとロープの設置した岩場が  たくさんあった。(12:15) 展望のいい岩場に到着  
(12:25)
     
空気が澄んでいてはるかかなたに霧島連峰も望めた。  後少しで山頂のようだ 
     
祖母山頂到着(12:55)
30分の昼食タイム
国観峠到着(14:25)   お地蔵さまも
むかえてくださった。
     
 3県境(14:55)  なだらかな千間平を進む(15:15) 
     
登山道はしっかり整備されていて一合目ごとに表示も行き届いている
 北谷登山口へ到着した
(16:15)
 今回は天候に恵まれ山頂からは素晴らしい眺望が得られた。
すぐ近くの傾山、そして春に縦走した夏木山周辺の山々。
遠くを眺めると久住山系の山々がはっきり見える。黒岳から大船山・久住山、涌蓋山などである。
東に目を向けると由布山・鶴見岳などなど。
誰かは四国の山も見えると言ってもいたが分からなかった。
それほどに素晴らしい、空気の澄み切った山頂だった。
山肌が紅葉で色づいているのも満足のひとつ。

険しい登りのある山だったがそれだけに達成感抜群の祖母山であった
    Paged by HAMATO